« レーダーで渡り鳥調査 | トップページ | 朝の新川河口 »

夏鳥ウォッチング

朝5時集合。ねむい。

まずは、千歳川中流域。

センダイムシクイ、オオルリ、キビタキ、クロツグミと代表的な夏鳥たちを見ることができた。朝早く起きて来てくれた鳥初心者の人たちもきれいな鳥を結構近くで見ることができて、喜んでくれたのではないかな。カワセミも見られたし。

ちなみに今日のメインは、ここ。
9時前にここの鳥見を終了。
あとは、おまけみたいなもの。

続いてウトナイ

白鳥の餌付場へ
Oojuhisi  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガをして飛べないヒシクイと、白鳥のエサのおこぼれにあずかるオオジュリン。

さっさと、TOEFへ移動。

アカハラが多い。
芝生に5羽くらい一緒にいる場所もあり。

ここでは、他の人とちょっぴり別行動。
自分の仕事をするために、見物人2人連れて林内へ。
フィールド内で30分くらい作業。

勇払へ。

Kaigan  

 

 

 

 

青春の一ページみたいな一枚。

勇払周辺は、なぜだかカササギがいることで有名。
町中を探索すると小さな公園にいた。
Kasasagi  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は室蘭にもカササギの個体群がいたそうだが、今はいないらしい。
なぜ、ここにいるのかは不明。勇払周辺にしかおらず、分布拡大の気配もあまりない。
あまり話は聞かないが、ここ周辺でも電柱に巣を作っていたりしているのだろうか?

そして、鵡川へ。

カモメくらいしか鳥がいない。
乾燥化してしまって、ほとんどシギチも見当たらない。
残念だ。

ちょっと、鳥とは別にハマトビムシをサンプリングする必要があったので、
砂浜で探す。
木片を引っぺがすとピョンピョンと出てきた。
適当に捕まえて、アルコールで保存。

あまりに鳥が出ないので、さっさと温泉に行って、帰ることにする。

2008年5月11日 千歳川中流域~ウトナイ湖~TOEF~勇払~鵡川
アオサギ, ヒシクイ, オオハクチョウ, オシドリ, マガモ, コガモ, ヨシガモ, ヒドリガモ, オナガガモ, ハシビロガモ, キンクロハジロ, オジロワシ, トビ, ハヤブサ, アカアシチョウゲンボウ, オオセグロカモメ, シロカモメ, キジバト, カワセミ, ヤマゲラ, アカゲラ, コゲラ, ヒバリ, ハクセキレイ, タヒバリ, ヒヨドリ, モズ, ノビタキ, アカハラ, ウグイス, エゾムシクイ, センダイムシクイ, キビタキ, オオルリ, コサメビタキ, エナガ, ハシブトガラ, ヒガラ, シジュウカラ, メジロ, アオジ, オオジュリン, カワラヒワ, イカル, シメ, ニュウナイスズメ, スズメ, ムクドリ, カケス, カササギ, ハシボソガラス, ハシブトガラス
52種

夜は、調査バイトのあいた時間で大量にギョウジャニンニクとウドを採った人の家にいって、みんなでギョウニン餃子パーティをした。
飲んだのだが、あまり寝ていなくて、ドライバーだったので、疲れていたのであろう。
少しの間、コテっと寝てしまった。
すぐ起きて、顔に落書きを回避。危なかった。

|

« レーダーで渡り鳥調査 | トップページ | 朝の新川河口 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/20907658

この記事へのトラックバック一覧です: 夏鳥ウォッチング:

« レーダーで渡り鳥調査 | トップページ | 朝の新川河口 »