« 素敵にサイエンス | トップページ | multcomp研究(1)とりあえず正規分布でやってみる »

積丹

鳥仲間たちはゴールデンウィークを鳥見で謳歌するため、そろって天売島に行ってしまった。

鳥残された自分は、積丹半島にでも行って鳥を見に行くことにする。

積丹岬への遊歩道の入り口近くで、アリスイとツツドリの鳴き声が聞こえた。アリスイの声は結構近かったので、探したけれども見つからず。
去年、この時期に来た時もアリスイを見たので、ここにはよく来るのだろう。北海道でアリスイは繁殖しているらしいけど、ここでやっているのだろうか?

海へ出る道すがら、旅鳥のシロハラが結構目につく。そして上空にはイワツバメが飛んでいた。他には、ベニマシコ、ノビタキ、アカハラ、クロツグミと夏鳥たちが顔を見せてくれた。

Syako  

 

 

 

 

 

  

 

 

  

岩壁に到着したら海の方を見る。

わりと近くには、オオセグロとかウミウとかいる。で、海の方をスコープでよ~っく見ると、そうではない、黒っぽい点が見える。

アビ類とかウトウとか。あと、ハシボソミズナギドリもいた。

めちゃくちゃ遠いので、アビ類は同定不能。ウトウは飛び方とシルエットでなんとかわかる。

以前、城ケ島で、海鳥の渡りを見ていたころは、城ケ島の突端に陣取って何時間もスコープを覗き、遠くの方にいるウミスズメやアビ類を観察し、ウトウなんて幻の鳥だったけれど、天売島に行けばウトウはわんさか見られるし、アビ類も冬は沖の方でまあまあ見られる。

ここで、ずっと張っていればおそらく、トウゾクカモメとか他の海鳥も見られるのだろうが、あまりやる気が起きない。北海道に来てつくづく贅沢になったものだ。

Syako2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面左下は女郎子岩という観光名所なのだが、その周辺をやたらとミサゴが旋回していた。

Misago

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩の横に申し訳程度に映っているのがミサゴ。

このミサゴは、その後岩のてっぺんに着地、よく見ると巣のようなものがある。そして、待っているとさらにもう一羽この岩のてっぺんにとまった。

ここで営巣しているのかもしれない。
これから産卵してくれれば、いい観察ポイントになるかも。

岩の上にいる写真は、デジスコで撮影したのだけれど、コンパクトフラッシュを読み込む機械がないので、後日アップ予定。

場所を移動して、畑をめぐる。

Sikadeer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シカとツグミのツーショット。

ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ベニマシコ、ツグミなどがよく見れた。

Tashigi2  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

タシギがだだっ広い畑にポツンと一羽いた。
もっと湿った場所があるのに。

Ooji  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオジシギも発見。これもデジスコで撮ったので、もう少し大きくとれているはず。

Onsen  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは、ちょっと遠回りして、温泉に向かった。ここの温泉は評判通り、すごい濃かった。ずっと浸かっていたら、唇が水分とられてシワシワになった。

2008年5月4日 積丹
アビsp, カイツブリ, ハシボソミズナギドリ, ウミウ, マガモ, シノリガモ, ミサゴ, トビ, オオタカ, ハヤブサ, タシギ, オオジシギ, オオセグロカモメ, ウミネコ, ウトウ, キジバト, ツツドリ, アリスイs, コゲラ, ヒバリ, イワツバメ, キセキレイ, ハクセキレイ, ヒヨドリ, モズ, クロツグミ, アカハラ, シロハラ, ツグミ, ウグイス, エナガ, ハシブトガラ, ヒガラ, シジュウカラ, メジロ, ホオジロ, アオジ, クロジ, カワラヒワ, マヒワ, ベニマシコ, スズメ, コムクドリ, ムクドリ, ハシブトガラス
45種

|

« 素敵にサイエンス | トップページ | multcomp研究(1)とりあえず正規分布でやってみる »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/20765834

この記事へのトラックバック一覧です: 積丹:

« 素敵にサイエンス | トップページ | multcomp研究(1)とりあえず正規分布でやってみる »