« 師弟三代共同作業 | トップページ | 怠惰な一日 »

シメ大群の原因

飯島さんの日記の5月12日の記事にハルニレに来ているシメの写真が載っている。

今年はハルニレの種が豊作なので、ここ数年ないくらい多数のシメが北大構内に居ついているということなんだろう。

今年は、シラカバ花粉も尋常じゃないくらい飛散した。花粉の飛散量は、前年の気温に依存しているようで、去年の猛暑が効いているんだろう。

ハルニレ豊作もシラカバと同じく去年の猛暑が効いているのかも。で、その豊作が鳥類群集(シメとかマヒワとか)の飛来にも波及していると。

まさにボトムアップ効果ですね。

今シーズンは、冬鳥が当たり年だったけど、夏の気温が高くて全体的に冬の鳥の餌資源が多かったからなのかもしれない。

今年の夏はどうなのか?そして冬は?

冬鳥大当たりは歓迎だが、猛暑はいやだ。

|

« 師弟三代共同作業 | トップページ | 怠惰な一日 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/20979440

この記事へのトラックバック一覧です: シメ大群の原因:

« 師弟三代共同作業 | トップページ | 怠惰な一日 »