« 礼文二日目~桃岩展望コース~ | トップページ | aod研究(2)negbinシラミつぶし »

帰りのフェリー

Rishiriumineko

帰りのフェリーでは、やはりウトウが多かった。
結構近くで見られて、スコープで、クチバシのオレンジと顔の模様がちゃんと見えた着水個体を観察することができた。

あとは、ハシボソミズナギドリ。
数羽の群れが飛んでいくのを何度も観察した。

さらに鯨類を見つけた。
撮影をしようと試みるも距離もあるし、一度背びれを出すとまたもぐってしまうので難しいので断念。
特徴を頭に刻んでおく。

海面に飛びあがることはなく、海面に背びれをのそっと出してそして潜る。
色は、紺色一色。白い部分はない。
背びれは小さい。申し訳程度についているかんじ。
背びれの割には体が大きい気がする。

はじめはイルカだと思っていた。
帰ってネットで北海道の鯨類を調べると、どうやらイルカではなく、ミンククジラだったようだ。

|

« 礼文二日目~桃岩展望コース~ | トップページ | aod研究(2)negbinシラミつぶし »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/21717568

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りのフェリー:

« 礼文二日目~桃岩展望コース~ | トップページ | aod研究(2)negbinシラミつぶし »