« 利尻登山 | トップページ | 礼文1日目 »

利尻の動植物

まずは、花から。

先輩方には、自分の植物への興味のなさっぷりにつっこみまくりだったが、自分なりに写真をとって復習している。

利尻山8合目周辺から見られた花
Hakusanichige

ハクサンイチゲ

Iwabenkei

イワベンケイ

Genge

リシリゲンゲ

次に平地で撮った花。
リシリヒナゲシのみ。
リシリヒナゲシは、民家の庭に普通に咲いていた。
Hinageshi

 

鳥は、高山帯にはノゴマとアマツバメしかいなかった。
アマツバメは、結構近くで見られ、風切り音を間近で聞くことができた。
しかし写真は難しい。

Nogoma山頂で見たノゴマ。のどの赤い部分は撮影できず。

山の中では、イタチの糞を確認。
Itatsifece  

もうひとつ別の場所で見つけたが、フンの中身は甲虫ばっかりだった。
ここのイタチは移入種。
ネズミ駆除のため、導入されたらしい。
在来では、キツネがいたが、こちらは口ワッパで根絶した。

 

Ponmoshiri

ポンモシリ島。
ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミウが繁殖している。
冬になるとアザラシがここで越冬するらしい。

夕方になると海辺でアマツバメが集団で飛んでいた。
なにやらビチュビチュと鳴きながら、集まったり、またバラバラになったり。
Rishiriamatubame

利尻山をバックに飛ぶアマツバメたち。

|

« 利尻登山 | トップページ | 礼文1日目 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/21608632

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻の動植物:

« 利尻登山 | トップページ | 礼文1日目 »