« 問題はフラッシュ | トップページ | 秋の新川スタート »

フラッシュ改良

アメリカセンサーカメラのフラッシュにティッシュを噛ませる方法を試してみる。

Control

対象は、この日にサッポロファクトリーで買ったジャックの帽子。ジャック好きです
フラッシュの反射を上げるために、買った時にくれた巾着袋(もらえてうれしい)を下に敷く。

検証機はBushnell Trail Setry5.0Outfitterでも同時に検討した。

まずは光がある状態でフラッシュなし撮影

Control2

では部屋を暗くして、フラッシュ撮影をしてみる。

まずは、フラッシュに細工をしないで撮影。
Flash1

真白で何も映りません。

次にフラッシュに3重折にしたティッシュフラッシュ部に取りつける。

Flash2

白トビがあるがなんとか見られる画にはなってきた。
野外環境ではここまで光の反射はないと思うので、この状態で外に持ち出してみる。

まずはティッシュなし。
Sasa1

次にティッシュあり
Sasa2

なかなか上出来じゃないですか。

ちなみにOutfitterの方はBushnellよりもフラッシュが大きく強力なため、ティッシュを厚くする必要がありそう。

また、Outfitterの場合はティッシュをフラッシュ部にかぶせたうえで全体のケースカバーをかけるので心配はないのだが、Bushnellの場合、フラッシュが外にむき出しなので、全体にテープをかけるなどして防水加工するかティッシュの代わりに水に負けない白いテープをかけてあげる必要がありそうだ。

|

« 問題はフラッシュ | トップページ | 秋の新川スタート »

センサーカメラ」カテゴリの記事

道具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/22896836

この記事へのトラックバック一覧です: フラッシュ改良:

« 問題はフラッシュ | トップページ | 秋の新川スタート »