« アメリカセンサーカメラ | トップページ | フラッシュ改良 »

問題はフラッシュ

アメリカセンサーカメラを設置した。

Bush

こんな感じで地面に置き、その前にピーナッツをまいてネズミをおびき寄せる。

結果Bushnellでそれっぽいものが撮影ができた。

Mouse

画面中央より少しだけ左下にネズミが写っているのがわかるだろうか?

Bushnellに限らずアメリカセンサーカメラはフラッシュ撮影するとこのように画が白トビしてしまう。他の2機種も動物は映らなかったが、夜にシャッターが落ちたものは同様に白トビしていた。原因は絞りなのかCCDなのかよくわからないが、これじゃ使い物にならない。

特に近くでフラッシュをもろに受けてしまうものは、白トビしてしまう。

対策として、二つの案が考えられる。

1.距離を稼ぐ。
木の幹にくくりつけて、カメラを下に向けてスタンバイさせて距離をとれば大丈夫か?

2.フラッシュの光量を下げる
ティッシュかセロファンをフラッシュに噛ませてフラッシュの光を弱めてあげる。

せっかく小動物でもカメラに映る可能性があるとわかったのに、そのままでは実戦投入できないのが残念。
週末は研究室に持って帰り、上の二つ(特に2)を検討するか。

 

あと気になるのは、夜に赤外線撮影するアメリカセンサーカメラ。
うわばみさんがもっているようですが、気になります。

|

« アメリカセンサーカメラ | トップページ | フラッシュ改良 »

センサーカメラ」カテゴリの記事

道具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

情報有り難うございます。
センサー感度がどの程度かよく分かりませんが、こちらで使う際には、カメラやセンサーはもうちょっと高い位置(40cm以上)にかけています。70cmくらいが多いかな。このくらいの高さで餌が少し離れた場所なら白トビしないんじゃないでしょうか。あまり下をむけなくても案外撮影範囲におさまるものですよ。夜間に色々試し撮りしてみることをお勧めします。

低く設置すると雨の時に水浸しになったり、イノシシやタヌキにいたずらされたり、あまり良いことはないんじゃないかな。

投稿: East_scrofa | 2008年8月 9日 (土) 17時21分

アドバイスありがとうございます。
参考にさせていただきます。
なにせ、対象動物がアカネズミよりも小さな動物なので、遠いとセンサーが反応しないおそれがあるのですよ。

なので、近さと広範囲のバランスをとって撮影したいです。

投稿: martesorex | 2008年8月10日 (日) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/22880239

この記事へのトラックバック一覧です: 問題はフラッシュ:

« アメリカセンサーカメラ | トップページ | フラッシュ改良 »