« キビタキ・センダイ | トップページ | 問題はフラッシュ »

アメリカセンサーカメラ

TOEFの教官が買ったセンサーカメラをお借りする。

Wildview Xtrem2とStealth Camはすでに別の人に貸してしまったそうなので、
OutfitterとLeaf Riverとさらに購入したBushnell Trail Setryをお借りする。
みっつとも、写真もとれるし動画も撮れる。

まずは、部屋のなかでマニュアル片手に操作してみる。

Outfitter1

Outfitter Cam

外側はこんな感じ。カムフラージュしています。

Outfitter2

中身はこんな感じ。

上のロックを外すと本体裏の電池入れをあけることができる。
白いセンサー横のダイヤルを回すとモードが切り替わる。
わかりやすい。ボタンの反応も上々。
シャッターをマニュアル操作して、試し撮りをし、その場でLCDで確認ができる。
さらに、赤外線センサーテストモードでは、センサーが感知すると光で知らせてくれる機能がある。これは野外で実際にセンサーが反応をしているかを調べるとき非常に便利。
さらに野外で使えるかよくわからないけどレーザーポインターモードもあり、レーザーポインターでどこを向いているか確認できる。
メモリは、内部メモリとSDカード。SDカードなしでも記録可能。
今回の三機種で一番多機能。

Leafriver1

Leaf River
Leafriver2

中身。
メモリは、コンパクトフラッシュ。
マニュアル撮影とLCDでその場で確認が可能。
撮影モードの細かい設定も可能。
しかし、ボタンの反応が非常に悪い。

Sentry1

Bushnell Sentry

Sentry2

メモリはSDカード(1GBまで)。一番シンプル。LCDがないのでその場での確認はできない。ボタンの反応性はよい。シンプルなので設定も簡単。
液晶画面でセンサーが反応したり、撮影する瞬間。「センサー反応!撮影します。」みたいな表示がでるので、どこで反応するかはよくわかる。「撮ります!」表示から実際シャッターが落ちるのが1秒くらい。
LCDがないのが残念だが、結構好印象。
わりかし安価

あとはこれらが野外でどれくらいの仕事ぶりをしてくれるかだな。

|

« キビタキ・センダイ | トップページ | 問題はフラッシュ »

センサーカメラ」カテゴリの記事

道具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/22854163

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカセンサーカメラ:

« キビタキ・センダイ | トップページ | 問題はフラッシュ »