« 絵のセンスがない | トップページ | コサギ »

朝のいしかり調整池

朝早めに起きていしかり調整池に向かう。

Tounens

今日はトウネンがいっぱいだ。

他のシギがいないかスコープで探す。

結構近いからオジロトウネンが近くで見られるのではないかと思いながら一羽ずつ確認すると
Herashigi1 クチバシがヘラ状になったトウネンが・・・

上の写真にもよーくみるとこの個体が写っています。

水浴びをしているトウネンの左上にいるのがヘラシギです。

他にキリアイがいたけれど、そんなのはどうでもいいからとにかくなんとかヘラシギを撮ろうと四苦八苦した写真が上の二つの写真(下はトリミング済)。

写真を撮りつつじっくり観察していると、何かが飛び込み一斉に逃げて行った。

Haya 

犯人。

その後トウネンの群れはどこかへ行ってしまった。

その代りにどこからやってきたのかこの二羽があとからやってきた。
Ojiro オジロトウネン二羽。

前回と違い足の色がはっきりわかります。

シギは、トウネン、キリアイ、ヘラシギ、オジロトウネンの4種のみだったけれど、実に濃い鳥見だった。

ヘラシギは当然ライファーです。

平日の朝っぱらなので、他に鳥屋は全然おらず。ヘラシギ独り占めだった。
ハヤブサに飛ばされたけどまた戻ってくるかな?

そこそこ広いけど、周囲1.6kmと大した面積ではないから鳥屋にとっては絶好のシギチポイントだけど、同時にハヤブサなどの猛禽にとっても絶好の狩り場になってしまいそうだ。

また、ヘラシギとの出会いを願いつつ9時前には何食わぬ顔で研究室の自分の席に座った。

|

« 絵のセンスがない | トップページ | コサギ »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/23514146

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のいしかり調整池:

« 絵のセンスがない | トップページ | コサギ »