« 調査終了 | トップページ | オオハム? »

知床クルーズ

知床の海岸線に生息する生物調査のため、ウトロ港から船に乗る。

この時期は、知床岬コースや野生動物探索クルーズもなく、硫黄山かカムイワッカの滝コースしかないと思って港に行ってみると、ちょうどいいタイミングでルシャ湾コースがあったのでそちらに乗る。
これならヒグマのたくさん見られる場所まで行けるので、ヒグマを見る確率がグンと上がる。

えーっと遊びではなくて、今後の研究のための投資ですよ。たぶん。

今回乗ったのは、ノルドスターン号。
Utoro1

変わった岩や滝を紹介しながら猛スピードで進んでいく。

途中、オオワシを見つけた。

Utoro2
同行した傭兵さんたちは初めて見たオオワシに興奮していたが、その他のお客さんは特に関心を示さず、船長さんもそのまま猛ダッシュで舟を進める。

いよいよルシャ岬のクマ出没多発地域につき、全員でクマを探すが、全く見つからない。

「ここら辺にはいつもヒグマがいるのですが、今日はいません。」
と、船長さんのアナウンス。

今年は、サケの戻りが悪い上、ドングリの豊作が重なり、あまりクマが海岸に出てきていないのだそう。
それにしても、全くクマが出ないのは運が悪いな。

Utoro3

それでも、シカが現れてくれた。

「シカが出てくるときはクマがでてこないんですよ。」
と船長の追いうち。

Utoro4 硫黄山

Utoro5 知床連峰

 

基本的に舟は、常に猛ダッシュなので、揺れるうえにワイヤーなどの障害物があったりしてなかなかいい写真は撮れなかったが、天気がとてもよく楽しいクルージングでした。

船上で見られた鳥は、
ウミウ、ヒメウ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ミツユビカモメ、オオワシ、そして
Oohamu1

オオハムと思われる。これはまた明日。

|

« 調査終了 | トップページ | オオハム? »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/24737470

この記事へのトラックバック一覧です: 知床クルーズ:

« 調査終了 | トップページ | オオハム? »