« 小清水浜の生き物 | トップページ | カメラ壊れたりISO間違えたり »

はなことりの宿

小清水では、ユースホテルのはなことりの宿に宿泊した。

Hanakotori1

去年、使われていなかった施設を改装オープンしたそうです。

濤沸湖畔にたたずみ、室内のスコープでカモやらワシやらが観察できます。

そして、館内は手作り感が漂い、とてもよさげな雰囲気。

今回、傭兵さん二人連れて行ったのだが、女傭兵さんは、
「素敵!!」
と連呼していた。

食事は、ほとんどが地元で採れた食材を使い多くの品数が並びます。
3人分だと食事がテーブルいっぱいに広がり、お互いの境界線がわからないほど。
時期によると思いますが、カニが毎晩でました。
かなりおいしいです。

朝も、地元産小麦を使ったオーナー手作りパンです。

濤沸湖は通年オジロワシが観察でき、冬になるとオオワシもやってきます。
自分がこちらに泊まったときちょうど初認でした。

Hanakotori2 宿の玄関前で雁行も観察できた。

また、お風呂は温泉ではないですが、隣に原生亭という温泉民宿があり、そこで日帰り入浴できます(21:00まで)。入浴料は300円と安く、地元の人が毎日のように入りにやってきます。源泉かけながしのモール泉です。ただし、固形石鹸が申し訳程度に置いてあるので、自分でシャンプーセットを用意したほうがいいと思います。

ウトロまで1時間ほどなので知床観光の宿としても十分使えます。

ユースなので宿泊料も安いし、食事もうまい。ついでに温泉も近くにあるし無線LANでネットもできる。
オススメな宿です。

日中は、カレー&カフェの店をやっているようですが、今回はお昼御飯を食べることができませんでした。残念。

ちなみにこの宿のオーナーの奥さんが本を執筆しています。

北海道に暮らす 道東編―資金ゼロからの北海道移住 北海道に暮らす 道東編―資金ゼロからの北海道移住

著者:荒木 美紀子
販売元:長崎出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小清水はなことりの宿ユースホステル 小清水はなことりの宿ユースホステル

地域:網走・紋別・北見・知床・ウトロ
特色:本物のオホーツクがここにある。涛沸湖畔、小清水原生花園より最も近い宿。こだわりの手作り料理が自慢!
楽天トラベルで詳細を確認する

|

« 小清水浜の生き物 | トップページ | カメラ壊れたりISO間違えたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/24769757

この記事へのトラックバック一覧です: はなことりの宿:

« 小清水浜の生き物 | トップページ | カメラ壊れたりISO間違えたり »