« オオハム? | トップページ | はなことりの宿 »

小清水浜の生き物

砂浜はそれほど植生が発達しているわけではないし、当然のことながら土壌層も発達していない。そんなところに生物っているのかとおもっていたが、結構いるようだ。

Kosihama1 ザトウムシとヤスデ。

Kosihama2 でっかいクモ。これが小清水浜にはたくさんいた。クモがたくさんいるということはそれだけエサになる動物もいるはず。なに食っているんだろ?

Kosihama3 レピの幼虫までいた。近くにカシワ防風林があるからそこから流れてきたのだろうか?

Kosihama4 そして浜で一番目立つのがこのハマトビムシ。こいつは浜の分解者で、浜に上がってくる遺骸やらなんやらを食べている。こいつらがクモの重要なエサになっているのだろうか?

|

« オオハム? | トップページ | はなことりの宿 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

でっかいクモはイソコモリグモじゃないですかね。

かっちょいいなあ。

投稿: hatch | 2008年10月27日 (月) 12時45分

ありがとう。
どうやらイソコモリグモみたいだね。
調べてみたらちょっぴり稀少な種なようで。
砂浜の破壊とともにどんどん数を減らしている種なんだね。

確かに、巣穴みたいな穴があったよ。

小清水浜にはうじゃうじゃいたから、ここは結構自然度が高い浜なんだね。

投稿: martesorex | 2008年10月27日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/24748100

この記事へのトラックバック一覧です: 小清水浜の生き物:

« オオハム? | トップページ | はなことりの宿 »