« Schoenerの類似度 | トップページ | WRCの爪痕 »

獣害捜査2

先輩の調査プロットに入り込んだ輩の調査の続報。カメラを仕掛けた晩に早速写ってくれました。

Warmplot1 立派な体躯のアライグマ。雨よけビニールをガシガシと噛んでいる模様。

違う日には、
Warmplot2 タヌキも侵入。ビニールやベルトをガシガシ噛んだりしている写真を撮ることができた。

さて、犯人がわかったところで次は侵入経路だ。

Warmplot3 動物よけネットの周りを見ると、下の部分があいている箇所(写真中央)がいくつかあったので、その前にカメラを仕掛ける。

さらに、Warmplot4

プロットの中にこんな感じで樹洞があり、この周りにやたらと中型肉食動物の糞が落ちていた。そのため、同行したアライグマの研究をやっている人が、ここがネグラになっているのではないかと疑い、この木の周りにカメラ二つ、さらに糞のまわりにもうひとつのカメラを設置することにした。

結果が楽しみですね。

|

« Schoenerの類似度 | トップページ | WRCの爪痕 »

センサーカメラ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獣害捜査2:

« Schoenerの類似度 | トップページ | WRCの爪痕 »