« ワシ以外の動物 | トップページ | 民宿宗谷岬 »

鳥見要求

東京の友人が週末北海道に来る。

最初は、「羅臼に行きたい」と申しておられたが、自分の日程では無理。
西部で我慢していただくとして、観たい鳥リストをもらった。

「アビ類、チシマウガラス、ガン類(サカツラ、ハク)、純海ガモ、ハイチュウ北米亜種、ケアシ、ワシ類、シロハヤ、エゾライチョウ、タンチョウAd、チシマシギ、トウゾク類、アカアシミツユビ他カモメ類、ウミガラス類他ウミスズメ系、エゾフクロウ、コアカ・ヤマ・クマゲラ、オオモズ系、ハシブトガラ、シロハラゴジュウカラ、キタキバシリ、ツメナガ・ユキホオジロ、ベニヒワ類、イスカ、カササギ、ワタリガラス」

・・・・・・・・・えっと・・・・

まずは、今回活動予定の北海道西部ではほぼ無理なものから。
チシマウガラス、シロハヤ、タンチョウAd、チシマシギ、オオモズ、ワタリガラス
これらは道東ですね。オオモズってこの季節いるんでしょうか?
ちなみになぜタンチョウは成長にこだわるかというと、幼鳥は数年前鹿児島で見てるんですよ。お互い。

ガン類って北海道は通過で一部のマガンが伊達とかに越冬でコクガンが道南で越冬だから、サカツラとかハクはこっちでこの時期探すよりも伊豆沼、蕪栗に行った方がいいような。

トウゾク類は、こっち来る時の大洗航路で探してください。

アビ類、ウミガラス類は、祝津かな。

ケアシ、ワシ類、ハイチュウは鵡川で見られるかなあ。北米亜種ってなんすか?こっちでもハイチュウ見られるだけでうれしいのですが、それでは満足していただけないのかなあ?

ツメナガ・ユキホオジロは運がよければ鵡川で見られるかも。

純海ガモは、クロガモ、ビロキン、コオリでいいのかな?
勇払~鵡川で今年もいるかなあ?

ベニヒワ・・・今年も道南で出ているらしいから鵡川でも期待か?

カササギ、これは勇払だな。

コアカ・ヤマ・クマ。コアカは十勝では多いけど、こっちでは少ない。TOEFにも場所によっているらしいが。TOEFにはクマ、ヤマはいるけど、クマをみるのは至難か?

イスカは、この時期まだいるのかな?もう抜けてるころじゃ・・・

エゾライチョウはこっちではいるけど、少ないよ。TOEFであんだけ林道走り回って4回くらいっきゃ見てない。

ハシブトガラ、ゴジュウカラ、キバシリ。まあTOEFで見られるかなあ。ハシブトガラ、ゴジュウカラはTOEFでは手乗りです。

アカアシミツユビ他カモメ類。なぜにアカアシ・・・っと思ってgoogle検索をしてみると、今年は当たり年なのか?という兆候が。けど、どこで見るんだ?
正直な話、自分が道央圏、胆振圏で見るカモメって基本種ぐらいだもんな。カナダとか探しているけど未だ見つけたことはない。道南ではクラくんkimくんがいろいろ見つけているようだが。

ええっと最後にエゾフクロウか。
この前、TOEFでも見たが、あそこにはいつでもいるわけでないし。やはり野幌か?

こうやってまとめると、やはりこっちでは勇払~鵡川が鉄板コースであるということが再確認された。

うーむ。満足してくれるかなあ。

|

« ワシ以外の動物 | トップページ | 民宿宗谷岬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/26090207

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥見要求:

« ワシ以外の動物 | トップページ | 民宿宗谷岬 »