« 地面は大盛況 | トップページ | Birds of East Asia »

新版 鯨とイルカのフィールドガイド

新版 鯨とイルカのフィールドガイド 新版 鯨とイルカのフィールドガイド

著者:大隅 清治,本山 賢司,笠松 不二男,吉岡 基,宮下 富夫
販売元:東京大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

くらくんのブログで紹介されているこの本を早速買ってみた。

前半部は鯨類の進化や生態がコンパクトにまとめられており、鯨類の基礎知識の導入として最適です。ヒゲを使った採食形式が2種類あったり、噴気がある程度の識別点になったりといろいろ勉強になります。

種ごとの解説は、イラストと写真の併用で全身のイラストと生態写真が見開き1種ずつ掲載されている。
肝心の識別点は文章で記載され、グラフィカルな理解が難しい部分がある。
全身イラストに矢印をいれるとか、識別点になる場所がわかる写真を入れたりするなどしてほしかった。次回の改訂に期待したい。

いずれにせよ、あまりいい本がない鯨類のフィールガイドとして必携の一冊です。
個人的には、鯨類が載っている図鑑は学研の「日本の哺乳類」しか持っていないので、ちょうどいい買い物となりました。

本の大きさはそれほど厚くなく、鳥の図鑑と一緒に持って行っても負担にならないので、洋上で海鳥ウォッチングをするときのお供に持って行きたい。
というか、一度ホエールウォッチングに行ってみたい。

|

« 地面は大盛況 | トップページ | Birds of East Asia »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/28365141

この記事へのトラックバック一覧です: 新版 鯨とイルカのフィールドガイド:

« 地面は大盛況 | トップページ | Birds of East Asia »