« 疑惑の個体 | トップページ | スノーシュー »

TOEF~鵡川 2009.2.22

先週に引き続き、またTOEFへ物を取りに行ったのだが、この日はものすごい吹雪。
道中、事故っている車を目の当たりにして肝を冷やしながらなんとかTOEFに到着。
正直、太平洋側なら雪も大したことないだろうとタカをくくっていたのだが、それは全くの見当違いだった。

Yukitoem2 凍りつく池。

Yukitoem1 風雪に耐え忍ぶカモ。

Yukitoem3 オナマガモも耐えていた。

この時点で風雪にやられ帰ろうかと思ったが、せっかく来たので勇払は行くことにしたのだが、やはり猛吹雪。

もう帰ろうかとおもったけど、せっかく来たので耐えていると吹雪が止んできたので、原野内で車から降り、軽く散策し、ベニヒワ、ウソ、シメを観察。

車に再度乗り込み海岸に向かうと、そこでひとりで着ていた後輩くんに遭遇。
彼は、吹雪をイオンでやり過ごし晴れてから来たらしい。
せっかくなのでいっしょに行動することにした。

Yukitoem5 ワシカモメ。ちょっとオーバー気味だけど、柔らかく撮れたかな。

後輩くんもニコン使いで自前でAF-S 300 F4Dを持っているので、自分の持っているAI200 F2Sと交換して撮影してみる。

Yukitoem6

Yukitoem7

サンヨンのAF-Sの力は偉大だ。ボタンを半押しすると一瞬でピントを合わせてくれる。自分の18-200のAF-Sとまったくスピードが違う。

このサンヨン、前に見た時は大きいレンズと思っていたが、自分のニィニィーを使ったあとに使うと軽いこと軽いこと。
これなら普通に手持ちが可能だ
ニィニィ手持ちでやると、筋トレの必要性を感じる。

その後は鵡川へ。
行く途中の道路でハイチュウのメスを観察し、鵡川ではツメナガホオジロを確認。
頭上近くを飛んでいくも落ち着いて観察することはできなかった。
ツメホの鳴き声を初めて聞いたのだが、キリリリ・・・という鳴き声を聞きカワラヒワと思ってしまった。
(実際、図鑑を見るとツメホとカワラヒワの鳴き声は似ていると書いてあった。)

後輩くんと鵡川で別れた帰り道。
マヒワとベニヒワの群れに遭遇。
すでに暗かったのが残念だ。
Yukitoem8

|

« 疑惑の個体 | トップページ | スノーシュー »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/28326101

この記事へのトラックバック一覧です: TOEF~鵡川 2009.2.22:

« 疑惑の個体 | トップページ | スノーシュー »