« アメリカ版とイギリス版 | トップページ | GUIでsource() »

鶴居 2009.3.1 そしてまとめ

根室から札幌への帰り際、友人を訪ねるため鶴居へ。

Turui1 釧路湿原内を通ったのだが、そこでシカの群にたくさん遭遇。

鶴居にはツルがいっぱい。

Turui2 Turui3 Turui4

Turui5 ツルを撮るなら動画だな。

 

今回の道東遠征まとめ

2009年3月2日
ハジロカイツブリ, アカエリカイツブリ, ヒメウ, チシマウガラス, コクガン, マガン, オオハクチョウ, マガモ, オナガガモ, ホシハジロ, キンクロハジロ, スズガモ, クロガモ, ビロードキンクロ, シノリガモ, コオリガモ, ホオジロガモ, ウミアイサ, オジロワシ, オオワシ, トビ, ケアシノスリ, ノスリ, ハイイロチュウヒ, ハヤブサ, タンチョウ, ハマシギ, ユリカモメ, セグロカモメ, オオセグロカモメ, ワシカモメ, シロカモメ, カモメ, ケイマフリ, マダラウミスズメ, ウミスズメ, シマフクロウ(C), コミミズク, アカゲラ, コゲラ, ハクセキレイ, ヒヨドリ, ツグミ, エナガ, ハシブトガラ, ヒガラ, シジュウカラ, ゴジュウカラ, マヒワ, ベニヒワ, ハギマシコ, ウソ, シメ, スズメ, カケス, ハシボソガラス, ハシブトガラス, ワタリガラス
58種
哺乳類
ラッコ、ゴマフアザラシ、シカ、キツネ

はじめてリストの最後がハシブトガラス以外になった。本当はアビを出したかった。日本の鳥の頭とケツで終わらせたかったな。
今回は本当に時間がない強行軍だった。小鳥の群がいてもほとんど無視し、海鳥も十分に探せない中途半端な旅になってしまったが、天気には恵まれ無事に帰ってこれてよかった。

|

« アメリカ版とイギリス版 | トップページ | GUIでsource() »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/28489359

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴居 2009.3.1 そしてまとめ:

« アメリカ版とイギリス版 | トップページ | GUIでsource() »