« 猛禽いっぱい霧多布 | トップページ | アメリカ版とイギリス版 »

根室 2009.3.1

風蓮湖で、ワタリガラスを発見。

Nemu1 意識してみないとこりゃわからん。

身体が大きいわりにクチバシがハシボソちっく。
行動を見て、ワシと一緒にいたり、数個体でいたり、ハシブトガラスに追い立てられているのを見て当たりをつけるしかないなあ。

納沙布岬では、ウミスズメ類を観察。ウミスズメ、マダラウミスズメ、ケイマフリが観察できた。なんでここばっかりにいるんだ?
ちなみにオオホシハジロはいる場所に行ってみたがいなかった。
この日はべた凪だったからどっか出かけちゃったのかな?

Nemu2

チシマウガラスは確認。上がチシマウの幼鳥で下がヒメウ。

Nemu3 岬から離れた岩礁のウの群れの中に一羽だけチシマウがいた。

Nemu4 2倍テレコンでトリミングしてなんとかシルエットがわかる。

スコープで観察すると、冠羽と顔の赤いのが観察できてかなり満足だった。

チシマシギはがんばって探したが見つからず・・・

|

« 猛禽いっぱい霧多布 | トップページ | アメリカ版とイギリス版 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/28469511

この記事へのトラックバック一覧です: 根室 2009.3.1:

« 猛禽いっぱい霧多布 | トップページ | アメリカ版とイギリス版 »