« ただいま帰省中 | トップページ | フェリー航路 »

ムサ観

ムササビ観察といったら高尾山。

しかし、今回は、高尾山にいってムササビに行く時間がないというか、気力がなかったので、近場で済ますことにした。

実家からチャリで15分程度の寺にムササビポイントがあったので、そこで見る。
このポイントは巣があるわけでも餌場であるわけでもないのだが、周りが開けているところに大きな杉が5本ほど立っている。
ここをムササビが通過点としているようで、出巣開始時間といわれる日の入り30分より10分位したときにムササビがやってくる。
しかも斜面なので、斜面の上から待っているとムササビが目線で着木し、さらに開けているのでムササビの滑空も綺麗に見られる好位置なのだ。

せっかく目線で見られるので、撮影してやろうとカメラもあれこれ考えながらセット。
200mmF2の大砲レンズを三脚に据えて待っていたが、やはりAFを利かせた方がいいだろうと途中で機動性重視の18-200VRに変えた。
フラッシュの設定もオッケー。

着地ポイントはいままでの経験上よく来るところがふたつあったので一方に賭けて撮影準備完了。

飛んでくる方向を静かにじっと見て待っていると、18:40。(この日の日の入りは18:06なのでちょうどいい時間)
後ろから「カツッ」という音が聞こえたので、振り向くとそこには杉にへばりつく光る目が二つ。

「うわーやられた!!」
と思いながら必死にカメラを構え、シャッターを半押し、けど暗くてAFが利かない。
無念にもAFはピントを端から端までまわしただけであった。
このときはシャッターを全押ししてもシャッターは切れないので、むりやりフォーカスリングをまわしてシャッターを切ったが時既に遅くムササビは上の方へ登っていってしまった。
今回は賭けに負け、もう一方の方へ止まってしまった。残念なり。
あとは暗いからAFなんて最初からあきらめてニーニーで勝負すればもしかしたらいけたのかもしれない。

こうなったら仕方ないので観察に切り替え、向こうの林へとダイブする姿を見送った。

写真は撮れなかったが数年ぶりに空飛ぶ座布団がみられたので満足だ。

|

« ただいま帰省中 | トップページ | フェリー航路 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/28936271

この記事へのトラックバック一覧です: ムサ観:

« ただいま帰省中 | トップページ | フェリー航路 »