« 羆撃ち | トップページ | ベーシックマスター生態学 »

博士でもつらい『ポスドク』

ココログのニュースでこんなネタが扱われていました。

リンク: 博士でもつらい『ポスドク』.

自分にも将来確実にやってくる耳の痛い話です。

周りのポスドクの方を見ているとみんな必死です。
ポスドクで与えられた仕事をしながら、自分の仕事の論文を書き、さらに公募書類を書いて応募するが、なかなか次が決まらないのが常です。
非常に優秀な方で一流雑誌に何本も論文を出している人でもなかなか決まらず苦労していました。
その方は、今年度テニュアトラックの助教に採用されましたが。

企業に就職する選択肢もありますが、リンク先で記述されていますが、なかなか厳しいみたいですね。
大きな原因として、「ドクターが自分の研究に固執する。」または、「企業がドクターをそうだと思っている。」というのがあると思います。
前者は、ドクターが考えを改めないといけないと思いますが、後者は、ちょっとドクターという人材をもっとみて欲しいと思います。

他の業界はよく知りませんが、自分のいるところは、ほとんどの人が自分の研究が将来、お金儲けに直結しているとは思っていません。
しかし、とある現象に対して予測をし、それを検証する調査計画を立て、自力でデータを取って、解析をし、最後にまとめるという仕事をしているので、そこんところの能力・経験を評価して欲しいなあと思います。

はい。
自分もがんばります。

|

« 羆撃ち | トップページ | ベーシックマスター生態学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/29600574

この記事へのトラックバック一覧です: 博士でもつらい『ポスドク』:

« 羆撃ち | トップページ | ベーシックマスター生態学 »