« コウライキジ近づく | トップページ | 60mmF2 »

どっぷりレンズ沼

ニコンの魅力のひとつは、昔のレンズがほぼ問題なく使えるところ。

大学の研究室では、研究機器としてニコンのカメラが使われることが多かったようだ。
しかしながら、時代はデジタル。
特にコンデジが普及した今、銀塩の一眼レフはほとんど使われることなく、研究室の人からその存在すら忘れられ研究室の物置きに眠っている。

それに自分は注目し、研究室に眠っているレンズを借りたり、ヤフオクで古いレンズを購入して撮影を楽しんでいる。
なので、ニコンは一般的に高いと言われるが条件が揃えば、かなり安い値段でレンズをそろえられる。
ニコンは自分のようなビンボー人にも寛容なメーカーだと思う。

自分が買ったり借りたりしたレンズを列挙してみる。
*AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mmF3.5-5.6G(IF)
*AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR
*New Nikkor 50mm F1.4
*Ai Nikkor 35mm F2S
*Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S
*Ai Nikkor ED 200mm F2S(IF)<New>
*Nikkor-P Auto 300mm F4.5
*Reflex Nikkor 500mm F8
(名称が間違っているものもあるかも)
現状8本も手持ちがある!!

ちなみにこれだけ集めて、レンズにかけたお金は10まんえん超えていない。
お金をかけることは出来ないので、現状与えられた状況の中で最善の方法で撮影しています。

それでも、欲望は深まるばかり。
もっといい画を撮りたいためにいいレンズがもっと欲しい!!

まずは、望遠。
動物撮影が趣味であり、仕事の一部(?)でもあるので、できるだけ長い焦点距離のレンズがほしい。
欲しい画質を考えると現行のAF-S 300mm F4Dあたりが欲しい。
借りている300mmは古いだけあって色の再現性が乏しいし、カビ生えているし・・・
70-300じゃ無理だな。買ったところで絶対サンヨンがほしくなる。
サンニッパとは言わない。どっからかサンヨンが手元に舞い降りてこないだろうか・・・
Nikon Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) ライトグレー

望遠つながりでは、200mm級の望遠マクロも欲しい。
後述のとおり、小動物撮影に非常に有効だ。
どっかにニコンの200mmマクロ落ちてないかな・・・
Nikon Ai AF Micro Nikkor ED 200mm F4D (IF)

そして、マクロ。
小動物撮りに必要だ。
これは仕事で絶対に使う。
現在、55mmマイクロを使っていて、そこそこいいのだが、
やはりAi マニュアルフォーカスレンズ。
D60ではフルマニュアルになるので、
露出設定を考えながらフォーカシングを決めて撮影すると、とっさの場合に対応できない。
先日、後輩くんからタムロン90mmマクロを借りて撮影させてもらったが、あれはよかった。
モーター内臓型ではなかったので、MFのみでの撮影だったが、絞りを決めておけば自動で露出を決めてくれるし、フラッシュ撮影でもTTL調光ができるので、
撮影機会の棄損確率をかなり低減することができた。
なによりデジタル用に設計されているので、画質もいい。
おかげでなかなかよい写真を撮ることができた。

55mmマクロは借り物なので、いずれ自分で買わなくてはいけないだろう。
選択肢としては、タムロンの90mmか、ニコンの60mmか今度発売するタムロンの60mmか。
とりあえずタムロンの60mmが非常に気になる。
描写はまずいいだろうから、ニコンの60mmとの価格差だな。
タムロンの60mmが90mmよりも安くでるというのであれば、まずタムロンに飛びつくが、
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 ニコン用 AFモーター内蔵 272ENII
これが、90mmと同等かちょっと高いならニコンの60mmが視野に入ってくる。
Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED
とりあえず、一回ナノクリスタルコートなるものも使ってみたいし。
タムロン90mmとニコン60mmの価格差が約2まんか・・・

|

« コウライキジ近づく | トップページ | 60mmF2 »

道具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/30125387

この記事へのトラックバック一覧です: どっぷりレンズ沼:

« コウライキジ近づく | トップページ | 60mmF2 »