« 胆振海岸 | トップページ | 食べられあと »

iPod touch野鳥図鑑化計画

鳥屋がiPodをもつと、これに鳥の声を入れて野外で鳴き声を確認したいと、だいたいみんな同じことを考える。

自分が今のところやったのは、3つ。

 

1. 野鳥大鑑をiPodに取り込んでやる。

CD Books 日本野鳥大鑑―鳴き声420

自分は、ただCDをiTunesで取り込むのではなく一度MP3で取り込んだあとに、
最初の5秒間をカットしたものをiTunesに取り込みました。
また、iTunesに取り込むと鳥の名前が英語表記になってしまうので、
これも和名に変更しています。
なにげに手間かけてます。

2. Birdsong for iPodというiPod用の鳥図鑑を入れる。

声が聞こえる!野鳥図鑑 増補改訂版
上記の図鑑をiPodに移植したもので、いわゆるiPhon appsではなく、iPod専用の音楽(鳥声)CDです。
CDをiTunesに取り込みマニュアルにしたがって設定していくと、iPodの音楽リストに鳥の鳴き声図鑑ができあがります。
これのいいところは、ジャケット表示の場所に各種鳥の写真が表示され、歌詞のところに簡単な記載が載っていることでしょうか。

しかしながら上記の2つは、一つの鳴き声が曲として扱われているため、普通の曲たちが鳥の中に埋もれてしまうのが問題です。
特に曲名検索の時は、ほとんど鳥の名前ばっかりになってしまいます。

iPodらしくスマートに使うためにはやはりアプリですね。

ということで、
3. iBird Explorer pro という海外アプリを導入しています。

これはハンパないです。
主に北米の鳥を扱ってありますが、なぜだか数種のインド、オーストラリアの鳥も扱っています。その数924種。
扱うデータも多様で、各種ごとに図版、写真、鳴き声、分布、特徴、豆知識、類似種へのリンクなどなどが記載されており、各種ごとにFlickrやBirdpediaのリンクもあります。

そして、なんといっても強力な検索機能でしょう。
形、各部の色、地域、分類などを細かく指定して900種ごえの鳥の中から検索をすることができます。
お値段の方も図鑑の価格なので一冊買ったと思えばいいですね。

日本の図鑑もいつかこういうのがでるといいんだが。
iBirdのグループが作るのが先か、日本のどこかの会社が作るのが先か・・・

|

« 胆振海岸 | トップページ | 食べられあと »

お役立ちツール/サイト」カテゴリの記事

コメント

 さすが!!! このマメさ、真面目さを見習わなくては!!!

投稿: birrrd | 2010年1月29日 (金) 08時26分

本当は、鳥の英名を全部覚えてしまえばこんな苦労はしないんですけどね・・・

投稿: martesorex | 2010年1月29日 (金) 17時34分

iPhoneで手軽に持ち運べる図鑑を探してますが
なかなかこれという物がないですね。
Birdsong~は良さそうだと思いましたが、iPhone
でも使えるんですかねえ。
3番目のも良さそうですが、英語はまるっきしダメなので(笑)

投稿: まっちゃん | 2010年2月 3日 (水) 23時37分

>>まっちゃんさん

Birdsong for iPodは、中身はMP3の音楽データに毛を生やしたモノなのでiPhoneでも当然使えます。
ただ、本の代用品としての図鑑としてはいまいち使えません。
フィールドでの仕様としては、外で聞いた鳥の声を調べるときに当たりをつけて調べることでしょう。
僕はこの機能が欲しいので、iPodを野鳥図鑑化しています。

写真と解説もありますが、参考程度です。

一冊フィールドで使い安い図鑑を購入することをオススメします。
絵だと日本野鳥の会のフィールドガイド
写真がよいのであれば、文一総合出版の野鳥図鑑(2冊組)
一冊にまとめたければ山と渓谷社の野鳥図鑑がオススメです。

英語ならBirds of East Asiaなんてのもありますが・・・
http://martesorex.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/birds-of-east-a.html

投稿: martesorex | 2010年2月 4日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/32631304

この記事へのトラックバック一覧です: iPod touch野鳥図鑑化計画:

« 胆振海岸 | トップページ | 食べられあと »