« SSDへ移行2 | トップページ | iPod touch野鳥図鑑化計画 »

胆振海岸

胆振にコクガンがいると情報をもらったので、現場に行ってみた。

Brent2 Brent3

10羽ほどのコクガンたちが岩礁についている藻を食べていました。
この岩礁は人工物です。
この海岸は、国の直轄海岸事業により、従来の波消しブロックや直立の堤防をやめて、
人口リーフや緩傾斜護岸などに、波をおさえ海産資源の増大効果があるようです。
この岩礁もその工事の一環のものと思われますが、岩礁があるところには藻が繁茂し、結果的に藻が主食のコクガン達がやってきているようです。

環境破壊による生物多様性の減少が叫ばれるなか、
このような人間にも公共性があり、生物群集にも環境創設効果がある公共事業がこれからの主流になるでしょう。
仕分けられなければ。

Sino 岩礁があるので、シノリ達もいます。
他の北海道で一般的な海ガモ達が観察可能です。

海岸沿いに遊歩道があるので、寒いですがスコープ担ぎながらコクガンの採餌風景などを観察するとおもしろいと思います。

Magp1

胆振ということでカササギもいます。

Brent1

近くの漁港にもいる場合があり、車からならかなりの接近が可能。 Brent4

幼鳥らしき個体もいました。他の個体よりも茶色みがかっています。

Hama ハマシギも2羽越冬しています。

|

« SSDへ移行2 | トップページ | iPod touch野鳥図鑑化計画 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/33141163

この記事へのトラックバック一覧です: 胆振海岸:

« SSDへ移行2 | トップページ | iPod touch野鳥図鑑化計画 »