« カンガルーの足跡 | トップページ | 勇払の陸からネズミイルカ »

モモンガのフン

Frfun1 2010.1.30 苫小牧市

俵型で非常に小さいフンです。
モモンガは、ムササビと同じく出巣してすぐにフンをして体重をできるだけ減らしてから滑空するので、 営巣木の根元には、たくさんのフンが落ちています。しかしながら、あまりに小さいためムササビのようになかなか見つけることができません。
しかし、雪がつもれば話は別で、白い雪の上に小さなフンがポツポツとあるのがわかり見つけやすくなります。
Frfun2 2010.2.7 苫小牧市

モモンガのウンチングスタイル。
出巣したてのモモンガがこのポーズで排糞しており、観察すると小さなフンが幹を伝ってコロコロ落ちるのが見えました。

|

« カンガルーの足跡 | トップページ | 勇払の陸からネズミイルカ »

フィールドサイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モモンガのフン:

« カンガルーの足跡 | トップページ | 勇払の陸からネズミイルカ »