« 生態学会へ | トップページ | 帰りの船では »

船ではトウゾク、クロトウゾク、クロアシアホウ、ウトウ、ウミスズメ、カンムリウミスズメなど色々観られましたがそれより何より、同乗者に香港人の鳥屋がいました。
彼は羅臼でワシとフクロウを見たあとに、このフェリーで東京に行き、今度は小笠原にいくんだそうで。
問題は宿にありました。翌日小笠原丸なので、浜松町に宿をとったのですが、大洗に着いてバスを待っているときに確認したところ、宿の住所は浜松町ではなく浜松…
あわててホテルをキャンセルし、新しい宿を携帯で探して予約してあげました。
無事にホテルに辿り着いただろうか?

|

« 生態学会へ | トップページ | 帰りの船では »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 生態学会へ | トップページ | 帰りの船では »