« 残念 | トップページ | 日本哺乳類大図鑑 »

キュートな外来種

先日TOEFの川沿いを散策中、川岸からじっとこちらを見るアメリカミンクと目があった。
いるいるとは聞いていたが、ここで実物をみるのは初めてであった。
彼または彼女は川の中に横たわる倒木につかまりながらつぶらな瞳でじっとこちらを見て、
そしてすっと泳ぎそしてまた倒木につかまりこちらを見る。
非常に近距離で観察でき感激したのだが、こういう時に限ってカメラを持っていないのが悔やまれる。
しかしこんなチャンスは滅多にないのでダッシュでカメラを取りに行きミンクのいた場所に行くがすでに姿はなかった。

仕方なくすぐ下流にある池でカモの写真でも撮って帰ろうかと思い、カモの撮影をしていると、
近くの茂みがガサガサ動きだし、それは突然現れた。

Mink1
何も知らない人がこの光景を見たらきっとカワウソ再発見と騒いだところだろう。
現にとなりに誰かいたら自分はそう冗談を言っていたはずだ。

ミンクが突然水中にもぐると、周りにいたカモ達は一斉に飛んで逃げ出した。
なんどもコイツに襲われたことがあるのであろう。

この子は池にある小さな島に上がり小休止。
Mink2
その後、また水に浸かり見えなくなったと思ったら、
離れた場所で一斉にカモが飛び立つ。。。

さらに反対岸からはハイタカ属の何かが地面スレスレに滑空し、地面でリラックスしていた大量のカモが一斉に飛び立って逃げ出していた。

カモ観察で有名なこの池も安穏とした場所ではなく、上から下からと捕食者に狙われる場所であることを再確認した日であった。

そういえば、今年もここにオナマガモが来ている情報があり、
何度か確認しに行っているが最近は見ていない。
まさか・・・

|

« 残念 | トップページ | 日本哺乳類大図鑑 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/37944238

この記事へのトラックバック一覧です: キュートな外来種:

« 残念 | トップページ | 日本哺乳類大図鑑 »