« 実践 海の上でアンドロイド | トップページ | 献血 »

双眼鏡のオーバーホール

PentaxのDCF SP 8×32を6,7年愛用していたのですが、
最近になって、ピントリングの周り具合が一定でなくなったり、ふったらカラカラ音が鳴るようになったので、オーバーホールをかねて修理に出した。

で、見積もり書がきたのだが、お値段34,650円也。
1万円程度だと思っていたので値段を見てがっくり。
おそらくカラカラなる部分のパーツ交換などでこれだけかかるのでしょう。
しかし、このお値段ならちょっとがんばれば以前からサブとしてほしかったNikon HGL 8×20が買えてしまう。

KowaのBD32も気になるところだが、使っている仲間たちは軒並み2~3年で接眼をだめにしているので、永く使いたい自分としてはちょっとない。

思い返せばこの双眼鏡とはいろんな場所に行って、いろいろな動物を見てきた。
北は北海道、南は沖縄。鳥を見るときはいつもこいつを使っていた。
昨年、対物レンズのゴムカバーがちぎれ、接眼レンズのプラカバーは、-20℃の寒さでポキッと折れてしまった。

DCF SPは割と見え味がよかったのに手放すのは惜しい。
仲間たちと双眼鏡を見比べてみても結構善戦していた。
どうしよう、お金がないから節約生活をより厳しくした矢先にこれだもんな。
差し戻していったん様子をみるか・・・使おうと思えばまだ使えるし。

PENTAX DCFSP 8×32 DCF SP 62619

|

« 実践 海の上でアンドロイド | トップページ | 献血 »

道具いろいろ」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと高い修理費用ですね~
この値段だと、どうするか悩ましいですね。
お金の無いときに限って出費が続くもので、
私は昨年後半に、数々の機材故障が続いて、
最後にカメラを買わなければならない状況なのですが、
費用の捻出の目処が全く立たないです(>_<)

投稿: アカショウビン | 2011年2月23日 (水) 11時39分

結局新しい双眼鏡を買ってしまいました。これからは2台体制で状況に応じて使い分けます。

アカショウビンさんも新しいカメラに買い替えるチャンスですね。

投稿: martesorex | 2011年2月24日 (木) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538244/38783851

この記事へのトラックバック一覧です: 双眼鏡のオーバーホール:

« 実践 海の上でアンドロイド | トップページ | 献血 »